ニッタ防水工業会は、ゴム・ウレタン素材を中心とした防水システムで、建設防水業界の発展に寄与します。
HOME > 製品案内 > ニッタシートエキストラ > 工法・仕様 > 2層防水/ウレタン塗膜防水複合工法

ニッタシートエキストラ

工法・仕様

2層防水/ウレタン塗膜防水複合工法

RP-Ⅰ

ニッタシートエキストラとソフランシールの複合工法で、役物回りのみソフランシールを施工する工法です。
複雑な役物回りをシートを切り張りすることなく、シームレスな形状にすることができます。

下地 RC
シート施工部分 標準量
(/m2
ウレタン施工部分 標準量
(/m2
1
プライマー
AD-12(R)
0.2kg
プライマー
U-002T(下地面)
0.2kg
プライマー
U-015(シート面)
0.1kg
2
アクメボンド
AD-102(下地)
0.2kg
ソフランシール
 
3
アクメボンド
AD-102(シート)
0.2kg
TNトップ
0.2kg
4
ニッタシート
エキストラTS-S
 
 
5
カバーペイントWTC
 
 
807S仕様

※シート上にソフランシールを塗布する場合はプライマーU-015を塗布します。
出・入隅部にソフランシールを塗布する場合はクロスによる補強をおこないます。

 

RP-Ⅱ

ニッタシートエキストラとソフランシールの複合工法で、シート上にソフランシールを施工し、全面2層防水とする工法です。
シームレスで信頼性の高い工法です。

下地 RC 標準量(/m2
1
プライマーAD-12(R)
0.2kg
2
アクメボンドAD-102(下地)
0.2kg
3
アクメボンドAD-102(シート)
0.2kg
4
ニッタシートエキストラTS-S
 
5
プライマーU-015
0.1kg
6
ソフランシール
 
7
TNトップ
0.2kg

RP-II仕様

※出・入隅部のソフランシールにはクロスによる補強をおこないます。
ソフランシールの詳細については別途ソフランシールの力タログをご覧ください。
プライマーU-015は、新設のシート下地の場合のみ有効です。