ニッタ防水工業会は、ゴム・ウレタン素材を中心とした防水システムで、建設防水業界の発展に寄与します。
HOME > 製品案内 > ニッタシートエキストラ > 工法・仕様 > 非歩行露出脱気工法

ニッタシートエキストラ

工法・仕様

非歩行露出脱気工法

501DPE

ニッタシートエキストラTS-DPEの通気層が下地スラブの水分を拡散、ベントSまで導いて排出させ、フクレを軽減する脱気工法です。

下地 RC・デッキプレート 標準量(/m2
1
プライマーAD-12(R)
0.2kg
2
アクメボンドAD-102(下地)
0.2kg
3
アクメボンドAD-102(シート)
0.2kg
4
ニッタシートエキストラTS-DPE
 
5
ベントS
50~70m2
/ヵ所程度
6
カバーペイント
 
※立上がり部は必要に応じてTS-DPEとTS-Sを使い分けてください。
501AB仕様

 

501S-V

ニッタシートエキストラの下に通気テープを張り、下地スラブの水分をベントSまで導いて排出させ、フクレを軽減する簡易的な脱気工法です。

下地 RC・デッキプレート 標準量(/m2
1
プライマーAD-12(R)
0.2kg
2
Vテープ
(1.5m間隔)
3
アクメボンドAD-102(下地)
0.2kg
4
アクメボンドAD-102(シート)
0.2kg
5
ニッタシートエキストラTS-S
 
6
ベントS
50m2/ヵ所
程度
7
カバーペイント
 
501S-V仕様